ヘアマニキュアの特徴と、白髪染めの違いについて

白髪染めってめんどくさいへようこそ!当HPは白髪染めに対してのデータがたくさんだから、白髪染め完全初心者のユーザーからよく知っているユーザーまで希望通りのページになっているんです。 - ヘアマニキュアの特徴と、白髪染めの違いについて

ヘアマニキュアの特徴と、白髪染めの違いについて

市販されている白髪染めは大きく二つに分けることができます。
一つは元の髪の毛の色をブリーチしてから染めるタイプの白髪染め。ヘアカラータイプや、泡タイプなど多くの種類がこのタイプに分類されます。
もう一つが、髪の毛の表面に対して着色し染めるタイプの白髪染めです。
一般的にヘアマニキュアや、トリートメントタイプと呼ばれる白髪染めです。
では具体的にはどの様な違いがあるのでしょうか。

混合配合液を使用する白髪染め

ヘアクリームタイプなどの白髪染めは、基本的に1剤と2剤と呼ばれる2種類の溶剤を混ぜ合わせ、混合配合液を作って白髪を染めます。
この配合液に、元の髪色をブリーチして溶剤の発色を促し、よりしっかりと髪を染める成分が入っています。
髪の毛は表面をキューティクルで覆われているので、しっかりと染めるためには溶剤を髪の奥深くまで浸透させる必要があります。
その為配合液に入っているアルカリ剤が、キューティクルを開く働きをします。

混合配合液タイプの良い点

・短時間で染まりやすい
・しっかりと発色し、色持ちがする

混合配合液の悪い点

・髪にダメージが蓄積しやすい
・肌が敏感だとかぶれる可能性がある

ヘアマニキュアタイプの白髪染め

ヘアマニキュアやトリートメントタイプの白髪染めは、混合配合液を使用する白髪染めが元の髪色をブリーチするのに対して、髪の表面をコーティングするようにして着色します。
その為、使用回数を重ねていく事で徐々に髪が染まっていく印象を与えます。また少しずつ染まるので色の褪色も早めです。
日本人の髪色は黒いので、ブリーチせずに着色できる色味には限界があります。明るめのヘアマニキュアはどうしても効果が分かりにくくなってしまいます。

ヘアマニキュアの良い点

・髪の表面をコーティングするので傷みにくい
・艶がでる
・肌に優しいものが多い

ヘアマニキュアの悪い点

・明るい色は着色しにくい
・色持ち期間が短く褪色しやすい

【どちらのタイプを選べばいいの?】
それぞれの白髪染めに良い点、悪い点がある為一概にこちらがいいと決めるのは中々難しいですね。
迷ってしまう場合はまずご自分の髪の状態をチェックし、それに合わせて選んでみるのもオススメです。
例えばパーマやヘアカラーを繰り返し髪の毛が元々酷いダメージを受けている場合は、混合配合液のタイプを使用するとさらに髪の毛にダメージを蓄積してしまいます。
キューティクルを開いて髪を染める事で、色はしっかりと入りますが艶が無くなりパサパサとした髪になります。
もしご自分の髪の毛のダメージが気になっている時は、ヘアマニキュアタイプの白髪染めをシャンプーするタイミングに合わせて使用してみてはいかがでしょうか。
染まり具合は緩やかですが頻度を増やす事で、徐々に白髪は目立ちにくくなります。また混合配合液タイプが乾いた髪に使用しなければならないのに対して、ヘアマニキュアタイプは濡れた髪に使えるものも多いのが特徴です。
それぞれの特徴を把握して綺麗に髪を染めて下さいね。

白髪染め めんどくさい TOPへ

Copyright(C)2016 www.medicalsalesjobs.biz All Rights Reserved.