こんなに種類があるんです!白髪染めタイプ別のメリット・デメリット

白髪染めってめんどくさいへようこそ!当HPは白髪染めに対してのデータがたくさんだから、白髪染め完全初心者のユーザーからよく知っているユーザーまで希望通りのページになっているんです。 - こんなに種類があるんです!白髪染めタイプ別のメリット・デメリット

こんなに種類があるんです!白髪染めタイプ別のメリット・デメリット

「白髪染め」といってもその種類にはさまざまなものがあります!
それぞれのタイプの特徴やメリット・デメリットを知り、自分に最適な白髪染めを選びましょう!

ヘアカラータイプ

ヘアカラーとは、2種類の薬剤を混ぜ合わせ染料を作り使用するカラーリング剤です。
髪のキューティクルを開きメラニン色素を分解する事で髪を脱色します。

メリットは?

髪に定着している色素を分解して、染色するため何よりも持ちがよく、長い方は2~3ヶ月ほど持ちます。
また、色が鮮やかに出やすく、きれいな仕上がりに染める事が可能です。

デメリットは?

ヘアカラーに含まれる成分は非常に刺激が強く髪はダメージを受けやすくなります。
その為、パサつきや、切れ毛なの症状が出る事も。

また、薬剤が強いため肌が弱くアレルギー症状が出やすい方は注意が必要です。

ヘアマニキュアタイプ

ヘアマニキュアは、染料で髪の表面をコーティングする事で髪を染めるカラーリング剤です。

メリットは?

ヘアカラーのように、髪の色素を分解して脱色することがないため、髪へのダメージが少なくすみます。

また、アレルギー成分が入っていないため基本的には、肌の弱い方も比較的安心して使用できます。

デメリットは?

ヘアカラーに比べ、持ちがよくない事です。
表面にコーティングされた染料は毎日のシャンプー・リンスで剥がれてしまうため持ちは長くて2~3週間です。

トリートメントタイプ

トリートメントタイプは、髪を染める染料と髪に潤いを与えるトリートメントがひとつになったタイプです。

メリットは?

何といっても上記の二つに比べ髪へのダメージが少ない事です。
このタイプは、植物染料を使用しキューティクルを開かずに髪の外側を染めるため、髪へのダメージもほとんどありません。

また、何の準備もいらずシャンプー後に手軽に出来るのもポイントです!

デメリットは?

商品によっては一度塗布しただけでは染まりにくく、複数回使用しないといけない場合があります。

また、白髪部分と黒髪部分では染まり具合に差が出てしまう事もあり、色ムラが気になる事も。

以上が白髪染めのタイプ別に見た特徴やメリット・デメリットです。
自分が何を重視するかによって選ぶと、より効果的に白髪染めができますね!

白髪染め めんどくさい TOPへ

Copyright(C)2016 www.medicalsalesjobs.biz All Rights Reserved.